読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あさぎいろ

双極性障害II型とPMSと家族との日常

姪っ子を見てたら子どもが欲しくなった

妊活

昨夜は、義家族との食事会があった。

いつも行きつけの魚が美味しい居酒屋で。

 

帰り道にトモくんに、姪っ子を見てたら子どもが欲しくなったと伝えた。

トモくんは、男の子が2人欲しいと言っていた。

2人もいたら大変だよ〜と私は笑った。

 

子どもが欲しいと主治医とは散々話し合ってきた。

初めは産むことはできても育てられるか心配だと難色を示していたけれど、最近は大丈夫だと言ってくれるようになった。

ただし、授かりものだから、無理をして作ったりしないようにと。

不妊治療をするほどストイックに妊活しないでねってことだと思う。

 

トモくんはお気楽な性格なので、45歳で初産の人もいるんだから、まあそのうち出来るよ、近所にお世話好きな義両親が住んでるから病気持ちでも大丈夫なんじゃないの?って。

出来なかったら、これまで通り犬を子どものように可愛がって生きていけばいいんだから、と。

 

こればっかりは考えてみても仕方ないので、コウノトリにお任せすることにする。

できなかった…と落ち込むことがないように、気をつけていかなくちゃ。